西麻布の会員制ラウンジ「レトルフ」で非日常世界を手に入れませんか?

西麻布の会員制ラウンジ、レトルフは、西麻布界隈だけでなく、恵比寿、六本木、芸能業界、スポーツ業界、そして政治業界まで名を轟かせている会員制ラウンジです。

西麻布の1等地で長らく不動の地位を得て、会員制ラウンジとして君臨。

レトルフの歩んできた道のりは、超富裕層のおもてなしをしてきた女性達の間で揺るぎない人気を得て、

会員制ラウンジのパイオニア

として、咲き誇っています。

10年以上レトルフが歩んできた歴史の背景に、目まぐるしく移り変わる業界、人の流れがあったことでしょう。

それでも、多くの超富裕層や、西麻布に集まる多くのモデル、アイドル、女優たちからの変わらぬニーズに答え続けてきたレトルフは、

これから先も時代の流れに逆らわず、抗わらず、まるで流れ行く時代の風を楽しむ鳳凰のように舞い続けます。

そんな時代の流れに取り残されず多くの女性から支持されるレトルフは、会員制ラウンジの働きやすさを最優先しながらも、

結果を出してくださる女性には高額のバックを

といった変わらぬ情熱があります。

結果を出してくれる女性に対して明確な区別をすることは、西麻布で君臨し続けるレトルフのプライドといっても過言ではないでしょう。

レトルフのシステムを理解して、アナタの仕事やプライベートを誰もが羨む素敵な女性になることができます。

かの有名なアリストテレスは語りました。

「すべて人間は生まれながらにして知ることを欲する」

レトルフの求人情報を今すぐチェック。

アナタの人生に、とびっきりのスパイスを加えるための情報がここにはあります。

西麻布の会員制ラウンジ、レトルフ(RETTALF)について

老舗の会員制ラウンジ、レトルフ。

いつの時代からかそう言われるようになったレトルフは、西麻布の超有名商業ビル、バルビゾン27の2階に佇んでいます。

西麻布交差点から西の方角に位置し、バルビゾン27の前には連日連夜V.V.I.P.たちを乗せた高級車が目に止まります。

レトルフで働く女性たちも20:30頃を回る頃には、目をキラキラさせていてこれから出勤するとは思えないほど凛とした姿でいらっしゃいます。

言い換えれば、レトルフですでに今まで得られなかったものをその女性たちは手に入れることができたからでしょう。

それ故に、レトルフは長く西麻布に君臨してますが、近年ご採用傾向はシビアになりつつあります。

レトルフでのご採用の難しさはまるで芸能オーディションのような難しさです。

現役のグラビアアイドルや少年マンガの表紙や巻末袋とじに出ているアイドル、ネット界隈で有名な読モがレトルフには多く在籍されています。

しかし、そのような女性達だけがレトルフにで働けるかといえば違います。

結果を出してくださる女性達には高額のバックを。

レトルフのスタッフ方達は、ともに情熱を持って仕事に取り組む女性を応援してくださる方々ばかりです。

そして、その仕事に対しての熱量をしっかりとバックで還元してくれるシステムがレトルフにはあります。

ですので、芸能の肩書だけで合否が決まるというわけではないので、レトルフで輝けるチャンスがアナタにも充分考えられます。

レトルフのお給料やバックシステム

レトルフでご用意されているお給料システムやバックシステムを紐解いてみましょう。

まず、ベースとなる時給は会員制ラウンジの平均額3500円から4000円となっています。

西麻布の会員制ラウンジの時給は他の恵比寿や六本木の時給相場より高いことがありますが、レトルフの時給はそのようなことはなくあくまで相場時給の設定。

女性によっては多少の時給アップが期待できますが、それでも5000円です。

なぜレトルフでは高額の時給が提示されないのか?

それは、レトルフの自信の現れと情熱をもった女性と区別したいからです。

レトルフは西麻布の会員制ラウンジの中で、老舗やパイオニアと認知されているラウンジ。

そのため、V.V.I.P.の数、質ともにTOPクラスです。

この自信がレトルフにあるため、この時給で頑張ってくれる女の子だけレトルフで一緒に頑張りましょうといったスタイルです。

しかし、それだけですとレトルフのただの上から目線になってしまいます。

ですので、お客様の来店に繋げてくれた女性には、高額のバックが用意されています。

レトルフでご用意されているバックは

・同伴
・本指名
・場内

の3点。同伴バックは10000円、本指名バックが8000円となっており、お客様の来店を積極的に行ってくれる女性にレトルフはこれだけのご用意をしてあります。

レトルフは全額日払いのシステムをご用意してあり、働いた当日の結果に対してすぐに還元してくれるシステムをとってます。

また、スタッフの対応や物言いはオモシロイだけでなく、優しくも仕事に対して真摯に取り組んでいらっしゃいます。

もし、後日、お給料の計算が合わないといったことや、間違っている時、納得がいかない時などは、迅速に対応してくださり、女性の不満に対してしっかりと耳を傾けてくれます。

待遇

レトルフはパイオニアという呼ばれているだけあり、会員制ラウンジの待遇を全てを網羅しています。

まずは私服勤務。タイト系のミニワンピやフェミニン系のワンピース、など働くことのできる私服にある程度の幅を持たせてあります。

レトルフは清楚系の方が多く働かれているので、セクシーなタイト系ミニワンピより、フェミニン系の私服の方が雰囲気には合っています。

仕事中の私服にある程度の幅を持たせてありますが、デニム系やニット系は完全にNGです。

また、パンプスもキャバクラのように派手すぎるものや、奇抜なもの、フラットシューズはNGとなっています。

ホテルラウンジやちょっとおしゃれなバー、恵比寿で女子会をする時のような服装が理想的です。

次にシフトについてですが、週1~自由に働くことができます。

もちろん、週3、4と出勤を増やすのも大丈夫。

急用で当日欠勤をしてしまってもレトルフでは特に問題はありません。

キャバクラやクラブなどでは固定シフトをとっていたり当日欠勤によるペナルティがありますが、レトルフではそういった

ペナルティやノルマといったものが一切ございません。

しかし、度重なる当日欠勤やシフトの変更は嫌われますし、社会人として考えられない行為でもあります。

ですので、いくらペナルティがないからといっていい加減な出勤や行動をしてますと出勤調整の対象となりますので注意が必要です。

休日

レトルフでは、日曜日と祝祭日がお休みなっております。

また、お盆やゴールデンウィーク、年末年始ももちろんお休みです。

それはレトルフに遊びに来られるお客様がV.V.I.P.だからといった背景があるためです。

歌舞伎町や六本木、渋谷などは祝日を無視したり、日曜日でも営業していることがありますが、レトルフはそういった世の中の流れに合わないことをしません。

それは、芸能や日本経済、政治に絡んでいるV.I.P.の方々は日曜日や祝日はしっかり休まれるためです。

仕事のできる男ほどオンとオフをしっかりわけ、1日の仕事の締めくくりに飲みに出られる方ばかりです。

社長や重役クラスの仕事量やストレスは想像を絶するものです。

そういった方々がムリをしてまで休みの日の西麻布まで飲みに出られるでしょうか?

そういったことからレトルフでは日曜や祝祭日のお休みは徹底されています。

資格やご採用傾向

レトルフで働くことのできる女性は高校を卒業された18歳~の方であれば特に問題はございません。

ただ、レトルフのご採用傾向としましては、18歳~26歳までの女性がほとんどです。

大学生、専門学校生、芸能活動中のアイドルやグラビアアイドル、読者モデル、秘書、スチュワーデス、営業職などなどレトルフで働いている女性の素顔やお昼の肩書は多岐に渡ります。

それだけレトルフでは女性としてのアナタと面接してくださいます。

肩書が全てではないので積極的にご応募されるのがアナタのためになります。

必要な身分証明書は、顔写真付き身分証明書の1点。

運転免許証やパスポートはもちろん学生証といった顔写真付きの身分証明書の1点があれば問題ございません。

顔写真付き身分証明書がなくても面接は可能ですが、体験入店のを促される場合がございますので、念のため用意しておくのがスマートです。

レトルフに限らず会員制ラウンジの面接で仮採用を頂き、体験入店を促されるのはほんの一握りの女性です。

せっかくのチャンスを逃さないためにも、ぜひ携帯をしておきたいものです。

レトルフの住所

住所 東京都港区西麻布2-25-23 Barbizonビル27 2F

レトルフは西麻布交差点から西の方角に向かうと右手側にあります。

あの六本木ヒルズを背中に渋谷方面を目指します。

西麻布ならではの雰囲気を楽しみながら、交差点から歩くこと3分。

あの有名なバルビゾンビル27が現れます。

バルビゾン27の文字が煌々と道路に光輝き、一瞬にしてオシャレさや洗練された空気感につつまれることでしょう。

エレベーターは2つ。

レトルフに行けるエレベーターは一つですので、洗礼を受ける方もいらっしゃるかもしれません。

まずは落ち着いて2階に止まるエレベーターを吟味しましょう。

レトルフの面接や体験入店の申込はこちら

レトルフ(RETTALF)の補足説明